4月21日(土)15:00より札幌市教育文化会館にて「認定ヨーガ療法士のための五蔵説アセスメント・スーパーヴィジョン」が大阪からの全国ネット配信で開催されました。北海道各地から9名の認定ヨーガ療法士が参加しました。

今回は食行動が生活に支障をきたしている2事例のアセスメントについて、なぜその行為を行うのか、生活に支障をきたしてでも続けるのか、その根底にある思考についてスーパー・バイズがありました。思考があって、感情が生じ、行為・肉体に現れる、というプロセスが明確になっていきました。クライエントは何を欲して、何を嫌がっているのか、生育歴などからも検証をしていき、よりアセスメントに広がりが出ていきました。

また、鎌田先生から『クライエントが「できません」と消極的な表現をしているのは、積極的に嫌がっている事であり、自分で選んで「やりたくありません」と現しているのと同じ。それをしたくない心がある事を自覚せよ』という、スーパー・バイズがありました。

何気なく発せられる言動からも、その人が嫌がっている事、欲していること、こだわりのポイントが現れる事を学びました。「できません」は自分も何気なく言っている事があり、自分のこだわりについても振り返る機会ともなりました。

今回もカウンセリングの勉強のみならず、人としての在り方についても深い洞察が得られ、貴重な学びの機会となりました。事例提供者の方々、スーパー・バイザーの鎌田先生、準備、企画・運営して下さっている皆様に深く感謝いたします。

【文責:認定ヨーガ療法士(札幌)大瀧 真美】