北海道のヨーガ療法士のオフィシャルサイト

ヨーガ療法の歴史

1920年代に、インド・マハラシトラ州ロナワラ市において、ヨーガの効用を医学的に究明する『カイヴァルヤダーマ・ヨーガ研究所』が創設され、科学的な研究が開始されました。1924年にはアメリカのエール大学の医学者と共同研究を行い、研究成果を発表しています。その後、今日に至るまで、ヨーガの医学側面についての研究を行い続け、この研究所から世界に向けて健康促進法としてのヨーガが広まりました。

現在、インドでは8校の『ヨーガと自然療法医科大学』をはじめ、30校を越える大学に『ヨーガ学科』が設置されるようになりました。その内の1つに、インド・カルナカタ州・バンガロール市郊外に本部がある『スワミ・ヴィヴェーカナンダ研究財団』の教育部門は、2002年5月にインド中央政府よりヨーガ大学院大学として認定され、修士号、博士号が取得出来るようになりました。 また、西洋医も常駐するヨーガ療法治療施設・プラシャンティ・クティラム(やすらぎの郷)を持ち、年間1万人を越える心身症患者にヨーガ療法を指導しています。 我が国においては、2003年に日本ヨーガ療法学会が設立されました。2009年からは、一般社団法人となり、医師や医療関係者も含み、現在約2000人の会員により、ヨーガ療法の研究と普及活動が行われています。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

2018年国際ヨーガデイズ 青空ヨガ

2018年国際ヨーガデイズ 青空ヨガ
PAGETOP
Copyright © 認定ヨーガ療法士会北海道 All Rights Reserved.