151004

10月4日は定例のヨーガ療法士の勉強会を行いました。11名参加。
今回は午前中は熊野宏明先生の講義「オペラント学習と行動療法」「情報処理理論と認知療法」をDVDで視聴しました。

午後は、カウンセリングの実習をグループで行いました。
クライエント役、カウンセラー役、オブザーバー役と役割を決めて、開いた質問の練習や課題分離と課題の同定、目標の一致などを意識しつつ、参加者一同奮闘しました。

実際にやってみると、自分の思考のクセや質問のクセがよくわかります。
以前勉強した、鎌田穣先生のカウンセリング講座の内容を復習しつつ、何度も練習を重ねることで、研鑽されていくのだなぁと実感しました。

それにしてもみなさん共感力が高い!
さすがヨーガ療法士という気がしました。

今後も定期的にカウンセリング勉強会を開催していく予定です。

【文責・写真撮影:ヨーガ療法士 佐高 葵月代】