後期応用研修会報告

3月27日(月)、後期応用研修会が終わりました。私たちヨーガ療法士は、卒業後も定期的に研鑽をする研修や学会参加で、既定のポイントを維持する必要があります。この応用研修会は年に2回しかないので、ほぼ必須ともいえる研修に当たります。この日は25名が参加しました。

ヨーガ療法学会の木村慧心理事長が来札し、ヨーガ療法の現状や、各大学の先生方との共同研究の経過などのレポートをはじめ、全国のヨーガ療法士たちの活動などを知る、貴重な機会です。

アーサナや呼吸法の実習の他、カウンセリング実習、経典学習など、朝から夕方までびっしりのスケジュールですが、道内のヨーガ療法士たちが一堂に会するので、お互いの情報交換もできて、1日があっという間に過ぎていきます。

この日は総会もあり、今後のヨーガ療法士会・北海道の在り方を決めるアンケートなども行われることになりました。後輩たちも徐々に増えて、北海道にヨーガ療法が根付き、健康に活かせる機会が増えることを期待しています。

【文責:認定ヨーガ療法士(札幌)佐高葵月代】

170327

ブログ関連記事

  1. お味噌作りとマクロビオティック陰陽講座

  2. 鎌田穣先生の「独存位への道!」ワークショップ報告

  3. 10月の事例検討会報告

  4. エゾヨガ日和レポート第二弾!

  5. ネパール大震災支援チャリティーヨーガレッスン報告

  6. 2年振りの対面研修会