4月の事例検討会報告

4月22日(土)18時から、全国の拠点を結んでのスカイプ事例検討会が開催されました。今回も兵庫県の会場から、札幌を含む8箇所を結んでの生中継です。今回の参加者は10名。約2時間半、鎌田穣先生のスーパーヴィジョンを受けながら、カウンセリングの事例を検証しました。

事例検討では、セラピストのクセがよく見えてきます。相手のことは、客観視できるものです。
自分の関心でクライアントに接していないか? 相手の関心に関心をもって質問しているか?これがとても大事なポイントです。自分の関心で質問をするとき、誘導しているのではないか、と昨日は自分自身の気づきがありました。

目標の一致、インフォームドコンセント、代替案の提示など、基本に立ち返り、毎回のセッションに臨むことが大切なのだと、改めて実感しました。

次回の事例検討会は、5月27日(土)18:00~20:30に、札幌市教育文化会館で視聴予定です。

【文責:認定ヨーガ療法士(札幌)佐高葵月代】

170422

ブログ関連記事

  1. R・ナガラートナ博士 招待講演会報告

  2. ヨーガを深める会【シヴァナンダヨガ】

  3. 日本統合医療学会北海道支部学術大会での症例発表

  4. 鎌田穣先生の「独存位への道!」ワークショップ報告

  5. 「国際ヨーガの日 in 空知チャリティイベント」開催報告

  6. 7月の事例検討会報告