鎌田穣先生の「独存位への道!」ワークショップ報告

20170616_kamata_ws

6月16日、大阪から鎌田穣先生が来札してくださり、「独存位への道!」ワークショップを開催しました。

シャンカラ解説ヨーガ・スートラ第1章1節によると、「無知が消え去れば、そこで観るものと観られるものとの混同が完全になくなり、これが独存位と呼ばれる解脱の境地なのである。この独存位(カイヴァルヤ)とは、医学における完全な健康な状態に対応するものであり、これがヨーガの目的たる解脱なのである」とあります。

私たちは無常なるものへの執着から、無知を生じさせてしまいます。
「これがあれば幸せ」「こうなったら幸せ」という「今ここにないもの」に思いを馳せることにより、今ここにある物事を見失いがちです。

日常の当たり前な出来事や人間関係においても、その中にありがたいこと、感謝できることを見つけていくことによって、外からやってくる「ラッキー」に依存することなく、自ら作り出せる「ハッピー」に注目することで、状況依存から脱却できるという内容のワークショップでした。

やって来るか、来ないかのラッキーを待ち続けるのではなく、今すぐハッピーになる方法を、あらためて学びました。

今回は、関西からは米澤さん、関東からは中田さんの2名のサブリーダーにもお越しいただきました。
鎌田先生、サブリーダーのみなさん、ありがとうございました。

【文責:認定ヨーガ療法士 佐高葵月代(札幌)】

ブログ関連記事

  1. 2月7日 勉強会報告「カウンセリング演習」

  2. 緊急座談会開催報告

  3. 認定ヨーガ療法士の佐高葵月代さんが発表をした、第17回日本統…

  4. 第17回日本統合医療学会 北海道支部会と認定セミナーに参加し…

  5. 「国際ヨーガの日 in 空知チャリティイベント」開催報告

  6. 「Park Yoga in 円山公園」開催報告