ヨーガ療法スタジオクティールでは、2月9日(日)、毎年美唄市で行われています「びばいっこフェスティバル」の方へボランティアヨーガ活動のため参加させていただきました。

この美唄市によるイベントは市の世代間交流を目的とし、美唄尚栄高校ロボット操作体験、ひもくじ、巾着作り、風船アート、昔の遊び、パネルシアター、お茶会、軽食、ゲームスタンプラリーなど、様々な世代の市民のみなさんで作り上げているもので、毎年必ず美唄市長もお見えになります。

2000年より始まりましたこのイベントは今年で20回目となり、ヨーガ療法スタジオクティールでも毎年ヨーガ療法体験ブースを設けさせていただきまして、小さいお子さんからお父さんお母さん、たくさんの方々にヨーガの体験をしていただきました。

キッズにはカードを使った動物などのヨーガポーズを一緒にやって楽しんだり、大人の方には、お一人お一人身体の症状や体調をお聞きして、呼吸法や体操法、椅子ヨーガなども体験していただきました。
ヨーガ療法ではよく使う技法ですが、吐く呼吸の時に「アー」と声を出していただいて息を吐きだしていくという環境を強制的に作りだし、息を止めないようにしてもらうものを多く行ないましたので、通りすがりの方、他のブースでお手伝いをしている方など、ヨーガ体験ブースに入らなくてもみんなで一緒に楽しく発声しながらヨーガを体験していただくことができました。

来場者の方の中には、身体がかたいからヨーガはあまり・・・とか、横になることができないのでちょっと・・・という方もいたのですが、ヨーガ療法は身体が固くても横にならなくても、誰でもどこでも行うことができるため、ヨーガに興味を持っていただいた方全ての方に体験していただくことができました。

実際にヨーガ療法体験していただいた後には「思っていたヨーガとは全然違っていた・体が温かくなった・簡単にできて良かった・すっきりした」などのお言葉をいただきました。今年もたくさんの方々へヨーガ療法をお伝えすることが出来てよかったです。

来年も引き続きボランティア活動を通し、ヨーガ療法の素晴らしさをお伝えしていきたいと思っています。

ヨーガ療法スタジオクティール
認定ヨーガ療法士 菅原あゆみ(美唄市)
【報告】認定ヨーガ療法士 中村恵(岩見沢市)