北海道の認定ヨーガ療法士のオフィシャルサイト

内規

特定非営利法人日本ヨーガ療法士協会北海道 内規

第1条(名称)
本会は、特定非営利法人日本ヨーガ療法士協会北海道と称する。

第2条(構成員)
本会の正会員は会員の活動に制約とならないよう、北海道内に在住するヨーガ療法学会認定のヨーガ療法士を主体として構成する。ただし、北海道内に職場や活動拠点を有する者、あるいは地理的理由により本会に所属する合理的理由がある者が入会を申請した場合、本会役員会の了承により入会できる。ただし、他のヨーガ療法士会と重複して所属することはできない。

第3条(目的)
本会は、社会に対して、ヨーガ療法士が社会のニーズを捉えかつ適切に対応し、ヨーガ療法の普及を図る事業を行い、社会への貢献に寄与することを目的とする。

第4条(事業)
本会は、第3条の目的達成のために次の事業を行う。
特定非営利活動に係る事業
(1) ヨーガ療法士の知識経験の向上
(2) 社会のヨーガ療法に関するニーズを捉え、実現する事業
(3) ヨーガ療法士の育成、実地教育の場の提供
(4) ヨーガ療法による効果確認調査
(5) 受託事業の実施

第5条(運営経費)

  1. 本会の会費は、本部年会費1000円支部運営費2000円とする。途中で脱会する場合、返金しないものとする。
  2. 2020年までは積み残し金が発生するので、積み残し金のある会員については、不足分500円を徴収する。
  3. 運営経費は、会費、寄付金、その他の収入をもって、充てる。ただし、本会役員の報酬にあてることはできない。

第6条(役員)

  1. 本会の運営は、幹事長1名、副幹事長2名、若干名の幹事があたる。その他、会計監査1名を置く。幹事長、幹事、会計監査の任期は4年とする。
  2. 必要に応じて顧問をおくことができる。

第7条(機関)

  1. 本会の運営決定機関は、正会員が構成する総会によるものとする。議事は正会員の過半数をもって決し、可否同数のときは議長がこれを決する。
  2. 総会欠席の正会員は事前に委任状を提出する。
  3. 定例総会は毎年3月に行い、事業、収支、会則に関すること、および本会運営にとって重要な事項について決定する。
  4. 総会決定に基づく事業運営に必要な事項は、幹事会で行う。
  5. 本会は、各地域ごとで支部会員相互の交流を図ることができる。

第8条(会計年度)
本会の会計年度は、4月1日より翌年3月31日までとする。

附則

  1. 本会事務局は当分の間、幹事長宅に置く。
  2. 学会認定のヨーガ療法士、さらに北海道に居住するか、職場を持つものは当面、暫定会員とすることができる。
  3. 本会則は平成31年3月26日より施行する。
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+

2018年国際ヨーガデイズ 青空ヨガ

2018年国際ヨーガデイズ 青空ヨガ
PAGETOP