ヨーガ療法士として活躍するために

日本各地で開催されている、YIC, YTIC講座でヨーガ療法を深く学び、
認定ヨーガ療法士として様々な場で活躍することができます。
ヨーガ初心者からヨーガ指導歴の長い方、または医療従事者の方など多くの方が受講されています。
ヨーガ療法士イメージ
STEP 1
ヨーガ教師 養成講座
YIC(Yoga Instructor’s Course)
1年間 / 全10回

講義・実習を通じ、基礎的な伝統的ヨーガの智慧とヨーガ療法の基礎知識を学びます。
YICはヨーガ療法士養成講座の基礎課程でもあり、ヨーガ療法士になるためには必修です。修了すると、ヨーガインストラクター養成講座修了証(ディプロマ)が授与されます。さらに認定審査を受けるとことで “認定ヨーガ教師” として活動することができます。

STEP 2
ヨーガ療法士 養成講座
YTIC(Yoga Therapist Instructor’s Course)
2年間 / 全22回

伝統的ヨーガのカウンセリング法や、ヨーガ療法の理論と指導技術の専門教育が行われます。現代のストレス社会を生きる人々に対して、心身に抱える問題に合わせてヨーガ療法指導ができる能力を身につけます。
YTICを修了すると、ヨーガ療法士養成講座修了証(ディプロマ)が授与されます。さらに認定審査を受けるとことで “認定ヨーガ療法士” として活動することができます。

ヨーガ療法士は様々な場所で活躍をしています

病院・クリニック・医療機関 / 高齢者施設・障害者施設 / 学校・教育施設 / トップアスリート支援・スポーツジム / 一般企業 / 法務省管轄の矯正施設 / 国内外被災地支援など、活躍の場は多岐に渡ります。